遠まわりは手短に

bagpipe_psのサブブログ。テレビ・ラジオで観聴きした番組のメモを載せています。

見知らぬ、天井


おめでたい!!!











ハライチのターン!(8.18)

◆たまたま休みがあったら旅行には行くが、自ら夏休みを取ろうとはしない岩井さん。それは、「お前ごときが休み取ろうとか言い出したら仕事入れてやんねえぞ」と事務所に思われるかもしれないからだとw またハライチ2人とも、レッドシアター始まってすぐの我が家・ロッチがハワイ行くため休み入れさせてもらってたのを見て「こうなってはいけない」とうっすら思っていた様子w


パックマン実写化。批判起こらないように要潤さんを起用してほしいww


◆澤部さんフリートーク、実家こと個室ビデオではなく"第二の実家"こと埼玉に帰省した話w ◆兄夫婦に子供ができて半年、ようやくお祝いを渡すべく実家へ。幼少期を過ごした原市に奥さんがいることに感動を覚えつつも、人がいないことに寂しさも同時にw ◆母親が料理を振る舞ってくれる。煮豚煮卵・コーン・ゴーヤの佃煮などなど、統一感のない料理が並ぶw また大量に作られたおはぎの話から、実家で昔おはぎなんか作ってたか?という話題へ。岩井さんの実家では作っていなかったことから、「おはぎは一軒家で作るものでありマンションでは作らない」という結論へww ◆両親も老けたし子供たちも育ってきたし、と時間の経過を感じる澤部さん。俺は成長してるのか?と自問自答した結果…していたと。その理由は、実家帰るとどんな料理が出されてもそれを断って100%行くラーメン正直もんに、子供達がいる手前行かなかったからだとww ◆最後の最後に、手作りサーターアンダギーを出してくれるやはり統一感のない母親ww 「お盆なぁ〜!」w


◆岩井さんフリートーク、最近は「許す」をテーマに生活している話。ついつい人に厳しくしてしまう岩井さんだが、自分と人とは違うものだから許容していかねば…と思っている中で焼肉屋を訪れる。◆小さい店なので1人でホールを回している店員とちょくちょく目が合うが、最初のオーダーすら取らない。こちらが呼んでいないとはいえオーダー取ってないことが不安にならないのか…?と思うが、自分基準で考えてはいけない…とおおらかな心でステイ。呼んでオーダーするも、ハラミ、カルビ…など注文しても復唱しない男性店員w しかしそんなのは暗黙のルールなだけだからと、これもスルー。◆店員が料理を持ってきたが、岩井さんと知り合いの社長が横並びで喋ってるその間から手を伸ばして置こうとするw 他にも、無言で片付けたり3割ぐらい残ってるレモンサワーを下げようとしたり、片付けようとした皿から肉のタレが岩井さんの携帯にかかったのに社長に言われるまで知らんふりしようとしてたり、まぁまぁなミスが目立つ。だがそんな彼を、「普通は気付くけど気付かない人もいる」「小ずるい人間だっている」「しょうもない人間もいる」と"おおらかな心"で許すww ◆タレ事件が解決してない中で、他のテーブルから呼ばれたのでそっちに行っちゃう店員w 「そんなこともわからないバカのまま生きてきた奴もいる」とw また皿はすぐ下げるくせにタレを拭いたおしぼりを片付けようとしないことには「そんな気も回らないクソ野郎がホールにいることもある」「俺が店長だったらすぐクビにしてるけど俺は店長じゃない」ww 帰るときに一言も謝罪せず、みんなに渡してるサービス券を渡してきた店員にも最終的にキレずに、"おおらかな心"で怒らずにその場を去るw ◆店を出てから気付いたことは、「許すと見下すは紙一重」だということww 今度から変に許すのはやめよう!相手をちゃんと対等に見て、対等な基準を持っておかしなことがあったらブチギレよう!としっかり怒る意味を見つけたとw



◆お笑いラジオスターウィーク盛り上がりましたね→うちの番組は?→村上「絶対面白い放送ではなかったですけどねぇ」w ◆ゲスト回盛り上がらなかったらキャンセルもあり?◆チーターやりてえよ!◆番組イベント6000人が応募!!◆オールナイトニッポンついてりゃ誰でも1000はいくのでは?→ベニヤ板のオールナイトニッポンでも1000人集まるぞ→そりゃ行くでしょ、何が起こるか見るために◆放送中の売り上げはマジで低調だったがタイムフリーで伸びた◆野田選曲《影山ヒロノブ/僕達は天使だった》


◆抽選の意味を知らないバカなリスナーたちw ◆SPWのゲスト発表。呼んでも結果ハネないから芸人は一旦やめます◆マジで接点ゼロでお呼びするのは……ワンピース考察系YouTuber・もっちー先生!◆もっちー先生の考察に「そうですよね」とかしか言わない腰巾着の野田栄一郎になるんじゃない?◆野田栄一郎の考察をもっちー先生聞いてくださいSP?


◆村上さんが先週体験したツラい話◆銀座で奥さんとお寿司を食べようと商業施設のレストラン街に。人気店だったため列が長くなっており、その間村上さん1人で喫煙所へ。◆喫煙所を見ると中に2人。注意書きを見るとコロナ禍の人数制限で「3人程度まで」と書いてあり、部屋のドアを開ける 、すると死角にいた男性が1人いて中は4人になってしまったが、「3人"程度"」の部屋に4人ならいいかとタバコを吸おうとする村上さん。すると、40代ぐらいの夫婦かカップルとおぼしき男女のいかつい男(インディアンス田渕を30kg太らせた感じ)が「3人までだから!」と注意してくる…w 怖い人に注意されてビビって「すみません」と外に出る村上さん。◆イラッとしながらも列に並び直し待っていると、その男がタバコ2本目を吸い出す!!休憩所ではなく喫煙所では待ちが発生していたら1本で出るのがマナー。イライラを加速させながら待っていると別の男性が出てきたので中に入る。まだ列が発生している中で男を見ると、3本目に突入し始める!温厚な村上さんも流石に声を発し、「3本目いくのヤバくないですか?」と注意。すると男は「うるさいんじゃ」と岡山とかそっちの方の方言で言い返してくるww 「俺も前のやつに2本吸われとんじゃ!」とも言われたため「それをするとあなたがイライラしたようなことがまた起こりますよ」と言うと、喫煙所を後にし、ドアをバーン!と叩いて出る男。◆するとカップルの女の方が村上さんに近寄り、「危なかったわね」と告げて去るwww クソDQNに絡まれたお話。


◆村上選曲《NUMBER GIRL/透明少女》◆ 「マクドナルドを食べたワシ、アメリカじゃあ!」 ◆番組エンディングに、RN「広島の最強ケンカ王」を名乗るリスナーからチートのコーナーにメールが。「Twitterのチート→ツイートを打ったら腕が太くなってパンチが強くなるチート」→弱い!!◆「フォロワーがいっぱい増えたらテレビに出れるチート」「ツイートが全部タトゥーになるチート」www


………などなどの内容でお送り。そんなDQNいるんだなやっぱり。そしてそれを受けて弱いネタ送ってきたリスナー見事すぎ。超笑った。



あえいうえおあお(8.12)

◆最終回。タイトルコールは編集中のスタッフが割り込む形。にしてもギター弾いてる杉原アナのVどこで流すんだよ。


後藤「トランプのことトランプゲームって言うんすね」w



◆藤本万梨乃アナが取材中、カメラを回すディレクターの体調を案ずる。すると…



矢部「あっあっ」

後藤「えっ!?倒れてるやん!」

矢部「はっはっはっは(笑)」



◆過去回の映像が頭をよぎるディレクターw そして逐一挟まれる後藤さんからの注意w 過労とストレスで倒れた走馬灯の最後に「取材わい!!」が響き渡り……



藤本アナ『よかった〜起きたぁ…』www

矢部「はっはっはっは!(笑)」

後藤「ぶっ飛びすぎやろ!なぁ!」

急にドラマへと移行ww 藤本アナの演技が妙に上手いのがまた面白いw



矢部「あっ!」

後藤「フッ(笑)」

矢部「やめとけって!」

後藤「おぉ、それはやめといた方がええわ(笑)」

矢部「あかんあかん、あかんて!」



藤本アナ『ダメって言ってるでしょ…』www

後藤「ええわ!」

矢部「あっはっはっはっは(笑)」


◆病院を抜け出そうとしてまでも取材に行きたいディレクターと、ビンタしてでも藤本アナの攻防が続く。

後藤「なぁ劇場借りてやれや、何してんねんこれ!」


◆退院して自宅に帰るディレクター。葛藤の末、カメラを手放す決断を下す。

後藤「いや分別せぇちゃんと!」www


◆日常パートもしっかりw

矢部「あっトランプしてるやんほら」

後藤「トランプゲームね」ww


◆そして、街中でインタビューを断る側にまわった時、改めて考え込んでしまう元ディレクター。


後藤「そのもう長期間にわたる2人いらんて!」

矢部「はっはっは(笑)はっはっは(笑)」


藤本アナ『ねえ、おたまどこにあるの?………………ねえ、おたま!』

元ディレクター『すみません、なんですか?』

藤本アナ『おたまどこにあるの、って』

元ディレクター『ああ、一番下の棚の…』

藤本アナ『もう見つけたっ』

後藤「言い回しめちゃめちゃええやないか今の」ww

矢部「間がええな」


藤本アナが部屋を出るのを見送りふと机を見ると、捨てたはずのカメラが置いてあるのに気付く。お蔵入りになったインタビュー映像の他に、新たに撮影されたものを発見。

後藤「メッセージ撮ってんちゃうやろな」


後藤「あっはっはっは(笑)ええねん2人のその心の動きは!」ww

藤本アナ『えっとぉ…この映像を見てるってことは、もう一度このカメラに触った、っていうことだよね?』

本当の気持ちを知りながら見て見ぬ振りをしていたことを詫びる藤本アナ。その映像を見て思わず駆け出す元ディレクター。



藤本アナ『やっと来たぁ!遅いんじゃない?』ww

矢部「うはっはっは(笑)おはっはっは(笑)」

藤本アナ『取材、したいんでしょ?』

ディレクター『藤本さん……僕……取材…取材したいです!』

(BGM)「ブラジャーのホックを〜♪」My Hair is Bad/真赤》

後藤「早よせぇやだから!!」wwww


手を掴んで取材へと連れていく藤本アナw



ディレクター「藤本アナの取材まで、3・2・1………」


(BGM)「春、恋に落ちて〜♪」www《My Hair is Bad/真赤》

矢部「あはっはっはっはっは(笑)」

後藤「何撮ってんねんこれぇ!!………いっはっはっはっは(笑)」


後藤「頭おかしいやろこの番組ぃ!」

いつも通り怒る流れだが、いつも通りの熱量はないと後藤さん。藤本アナの段々上達していく演技力に矢部さんが触れると、後半正直ポップコーン食べたくなったとww

また、最初から最後までずっとおかしいところがあったのに、それをずっと肯定している矢部さんが一番頭がおかしいと指摘。

矢部「フッ(笑)楽しかったでしょ?(笑)」


後藤「……………………楽しかったなぁ……」ww



◆全6回楽しませていただきました。面白かった。「急にドラマになだれ込むバラエティは面白い」という法則があるのでは?………と雑な言い方をして申し訳ないけど、それぐらいぶっ飛んだ遊びを設けられる余地のある番組っていいよねと思いました。原田先生の次回作に期待。いやほんとに。