遠まわりは手短に

bagpipe_psのサブブログ。テレビ・ラジオで観聴きした番組のメモを載せています。

理屈抜き

東京2020オリンピック 開会式(7.23)

統一性のないパフォーマンスを経て約2時間にわたって行われた入場行進は、日本のゲーム音楽がBGMに。任天堂系が一切ないのは主催側の演出の一環なのか、任天堂側のNGが出たのかどっちなんだw マリオギャラクシーのBGMめちゃくちゃ合うと思うんだけどなぁ。


f:id:bagpipe_ps:20210724212531j:plainなだぎ武


f:id:bagpipe_ps:20210724212536j:plainf:id:bagpipe_ps:20210724212542j:plain1824台のドローンで宙にエンブレムを描いてたのは圧巻。


聖子バッハの今夜も眠れないことスピーチタイム。ありがた〜〜〜いお話が20分以上続いて、良い意味で痺れ切らしちゃったよ。良い意味でね。悪い意味じゃないからね。


f:id:bagpipe_ps:20210724212547j:plain種目ピクトグラム再現パフォーマンス面白かった。途中収録パートがあったり1個だけミスっちゃってたけど、段取り全て把握するの労力エグい。お見事!


f:id:bagpipe_ps:20210724212554j:plainf:id:bagpipe_ps:20210724212600j:plainf:id:bagpipe_ps:20210724212606j:plainVTRに劇団ひとり登場!!激アツ!!!


f:id:bagpipe_ps:20210724212612j:plain長嶋茂雄王貞治松井秀喜


f:id:bagpipe_ps:20210724212616j:plainf:id:bagpipe_ps:20210724212622j:plainf:id:bagpipe_ps:20210724212626j:plain大会自体の是非について色々意見はあるとは思いますが、オリンピックとなると、普段のテレビでは決して見れないスケールの映像が次々と映し出されるので、単純に開会式観れて良かったなと思います。正解は一年後でパフォーマンス出演者予想とかやってるのかな。それも含めて楽しみ。



ハライチのターン!(7.22)

こち亀の話題になり、「こんな感じの歌ありますよね」的な感じで『葛飾ラプソディー』を1コーラス歌い切る岩井さんww


澤部さんフリートーク、広島のホテルでの話。携帯でバスケ見ながら酒飲んでたら足が当たってビールもおつまみもぶっこぼしてしまうアクシデントに見舞われる。朝食のバイキングにウキウキ気分で行ったら小皿で分けられておりいつものバイキングの感じはまだ復活しておらず………と思ったらでかいスプーンで掬って取るスクランブルエッグやお湯に浸ってるソーセージはそのまま存在してテンション上がったとw 次の仕事まで時間があったので平和記念資料館へ行ってみることに。15分くらい歩いてたどり着くと、なんとその日はバッハ会長が来訪するため入館できずw

岩井「お前危ないとこだったなぁ!お前先にバッハがバイキング行ってたら終わりだぞお前!先にバッハがバイキング行ってたらお前行けないとこだったぞ!」ww

澤部「7時45分の、第2部に行って?『すみませんバッハさんが…』おいバッハ〜!!(笑)」

岩井「バッハが全部さぁ、スクランブルエッグ全部取ってよぉ、あいつ!」

澤部「ソーセージめちゃくちゃ取って?」

岩井「海苔残して。あいつ。海苔残すなよバッハぁ!!」

澤部「いや行ってないです!」


岩井さんフリートーク、今季始まったお気に入りのアニメ『Sonnv Boy』の第1話についての話。学園モノ・異世界モノ・能力者モノ…と要素を箇条書きにしたらよくある感じのアニメだが、始まってからずっと主題歌もBGMも一切流れない不穏な空気を演出しており、ラストでいきなり主題歌が流れるシーンがとにかくたまらなかったと。

岩井「で、作画がいいとか、声優がいいとか主人公が頑張ってほしいとか、あぁホッとするアニメだなぁとか、好きなキャラ出てくるとかイケメン出てくるとか泣けるとか、続き気になるなぁとか、そういうことじゃないんだよね。そういうことじゃない、理論上の面白さじゃなくて単純に、『なんかすげぇ!』ってなる。で、ワクワクしちゃってさぁ、ほんとこういうのを見た瞬間に『懐かしいな』ってなったの」

澤部「懐かしいなってなるんだ?」

岩井「見たことないのに懐かしいなってなる、なんでかって言うと、なんかこんな感覚昔いっぱいあったなって思って。なんだかわかんないけどすげぇ、っていう忘れてた感覚だなって思って」

これまでの人生で、要所要所で『なんかわかんないけど面白いな』と、知らない概念に心を揺さぶられた作品がいくつかあったと。小学生の時に『スプリガン』のアニメ映画の告知CMを目にしてとにかく観たいと思ったが観る機会がなくその当時はスルー。何年か経った後、近所のレンタルビデオ店で借りて観たら、宗教チックなBGMなど独特な世界観に惹かれたと。そのように知らない体験をした作品はたくさんあったがその感覚を忘れていたと。

岩井「アニメ観て、なんか最近はもう『なるほどね』みたいな、『あっこの感じね』『こういう作品なんだ』って」

澤部「当てはめて観るというかね」

岩井「自分の中の分類されたタンスの引き出しみたいのに全部しまい込んでさ、単になんか知んないけどすげぇっていうのとか、面白いワクワクするって思う気持ち忘れてたんだけど、そのSonny Boy観て、思ってね」

その後、監督や制作会社が、かつて岩井さんが『なんかわかんないけどすげぇ』と感じていた作品に関わっていたことがわかり、結果好きなものが詰まっていたが、今回はそういうロジックなどなしに『すげぇ!』という感想に尽きると。

岩井「でなんか、これがこうなんだろうなっていうのはある、いっぱい。で、最後のシーンでワクワクした時にね、考察とか伏線とかね、最近なんかずっと、そういう、なんかもう世間もアニメ浸透してきてそうだけど、伏線がどうのとか作画とかそういう能書きを垂れながらアニメ観ちゃってたなって、思ったんだよね。『なんかわかんないけどすげぇ』って思うやつだし、アニメ観た時って。よくわかんない世界に連れてってくれるのもアニメじゃん。だから、なんかこの無限の表現が、この『わかんない』ってとこまで表現ができるのがアニメの良さなんじゃないかと思ったから、なんか『すげぇ』でいいんじゃないかなって思ったっていうね」

澤部「どうこう語るんじゃなくね」

岩井「だから、アニメを語らないっていう、アニメを語らせてもらいましたね今日はね」

澤部「はははは(笑)あ〜なるほどね」

他のジャンルでも言えるだろうけど、作品見た時の初期衝動というかそういうの本当に大事だよな〜と改めて思う。とりわけアニメって突飛な表現が可能だから好み分かれるかもしれないけど、ハマった際の衝動はだいぶ大きい気がする。2人だけが共感できる地元トークも交えた今回の岩井さんのゾーンめっちゃ良かった。


次回は岩井勇気生誕祭SP!



さらば青春の光がTaダ、Baカ、Saワギ(7.17)

f:id:bagpipe_ps:20210724212633j:plainf:id:bagpipe_ps:20210724212639j:plainf:id:bagpipe_ps:20210724212645j:plain森田さんの吉岡里帆匂わせ行為がまさかのネットニュース化w もちろんアサ芸+は最後に真相はラジオにあると明かしていたものの、タイトルは完全に釣りに行こうとしてるw

吉岡里帆さんがアップしていた本を探すべく奔走した演者&スタッフ。福田Dが渋谷のジュンク堂で新品を発見したが森田さんに渡す時間がなく、福田Dが写真撮って森田さんに送ったものらしいw


クラウドでは、この匂わせをさらに踏み込んだ形にし、女優に許可取って正式にやったら面白そうだという話に。ラジオじゃなくYouTubeでやるかもしれない…とは言っていたけど事務所の許可下りるわけないw



霜降り明星のだましうち!(7.17)


先週に続き佐川ピン芸人さんがゲスト。バイトを辞めた理由は「客がうっとうしい」というシンプルな理由www 焼かないといけない肝を生で食おうとした客を注意したら、逆ギレでビールをかけられたことがあるとww 客層最悪すぎw