遠まわりは手短に

bagpipe_psのサブブログ。テレビ・ラジオで観聴きした番組のメモを載せています。

無神


本当にどんな権利処理したんだろう。今はもう普通に受け入れちゃってるけど。











佐久間宣行のオールナイトニッポン0(8.3)

◆作家の大井洋一さんってアウトサイダー優勝しててキックボクシングの日本ランカーで娘と息子も中学生のときレスリングで優秀な成績を収めてるってすごい家族だな。ほぼ亀田一家w


◆フリートークは『TikTok TOHO Film Festival 2022』の審査に参加した話。意外と全動画見切るのに時間がかかったり、当日Tシャツチノパンで会場入りしたらカメラが多数いてビックリしたり、でも樋口真嗣監督も似たような格好で安心したりw ◆良かった作品を挙げてコメントをしていく中で、樋口さんだけ「私は一本もありませんでした」と言って会場の空気がピリつく!それでも話を聞いていくうちに、とある1作品の良かった部分を語っていく。あれ?一本もないなんてことなくない?と気付くw ◆またそこから5作品選出し、そこから大賞と別の2部門を選ぶため2本は落とさなくてはならない。今回は初っ端にコメントすることになった佐久間さん、若手クリエイターが多数参加していて将来を担うとなると苦しい決断だったが、なんとかして2本を切りコメント。次は樋口監督だったが、「これ本当に2本切らなきゃならないの?」「今から賞つくってあげようよ!」といきなり提案!東宝の担当者も承諾し、事前に2部門分しかなかった賞金も急遽もう2部門増額することが決まり大いに盛り上がる会場!………………佐久間「俺の立場はっ!」www ◆最初1本もないって言ってた人が5作品全部に賞あげたいと言っていてびっくりした佐久間さん、足早に会場を去ったとw


◆パチンコで当たるためにオカルト行動に走ったリスナー、神にエメマンを差し入れして当たるように願うとw 番組ラストに来たパチンコ店員からのリアクションメールは「ゴミとして処分するかどうか迷うのでやめてほしいです」「パチンコ屋に、神はいません」というカラッとしたものww



よふかしのうた 第3話・第4話


◆第3話。古くの友人である女子・朝井アキラの登場で三角関係が生じる。学校に行こう…というアキラの誘いにすぐ答えられなかったコウが、自分の元から離れてしまうことを危惧し苛立ちを隠さないナズナ。そうではないと気付いてからの接吻!エロっ!

アキラに関係性を問われた時のナズナ「だぁってろ!(黙ってろ)」の発音、キスされたコウの息遣いの演技など良かったです。



◆第4話。昼と夜とでは色の鮮やかさがこうも違うかね。

キスでナズナに恋したと勘違いしたコウは吸血鬼への変貌を期待するが空振り。ただの一時的な性欲だったことが明らかに。そしてアキラと一緒に健全な"よふかし"をする3人。


アキラ「いやいやいや…!よそでやれや!」w


アキラ、てっきりコウに恋心があったのかと思ったがそうではないのね。友人が今を楽しく過ごしていることに安堵し、深い眠りにつけた様子。早朝立ちナズナちゃんもエロいよね。