遠まわりは手短に

bagpipe_psのサブブログ。テレビ・ラジオで観聴きした番組のメモを載せています。

LFのかわいがり








過去回も含めてってのがだいぶありがたい(ナイナイANNを除き)。霜降りと佐久間さんのは2019年最終放送以降しかなかったから、それ以前も配信開始してくれるなら凄い嬉しい。





ありがたみと恥ずかしみが半々。若干前者の方が強いけど。



佐久間宣行のオールナイトニッポン0(5.25)

◆日テレの有吉の壁総合演出・橋本和明さんゲスト回。だが台本には「千葉雄大・小御門優一郎」と以前のものを使いまわしてることが判明w 橋本さんも登場するなり「かわいがりなのかな」と困惑w

◆東大大学院卒の橋本さん、上野千鶴子先生のもと社会学をバリバリ学んでたと。そこ出て日テレ入ってADとしての最初にしたのがディレクター陣のタバコの銘柄を覚えて買ってくる仕事w 日テレは24時間テレビMUSIC DAYなど様々なスタッフが入り乱れる特番が多いのでみんなと知り合いになるし連絡もすぐ取れると。なので縦関係も割としっかりしてるらしい。


◆有吉の壁はとにかくコントがやりたくて立ち上げた番組。でもセットを作るにもコストがかかるのでロケに変更、そしてあのシステムに辿り着いたと。一番最初の特番の収録時は自分達でもどんなふうに撮れているか把握できず、メチャクチャ滑ってる可能性もあるな…と思っていたが、安村さんが坊主にしたのを編集してる時に大丈夫だ!と確信したと。

◆安村さんは○×どっちに転んでも面白いが、娘は○が出てほしいと思ってるとw また尾形さんはいまだに○を全力で目指してるw これは見ててすごい伝わってくるな。

◆特番初回のオーディションをシソンヌに受けてもらうの失礼じゃないか?と思ったがスタッフみんなの判断でとりあえず受けてもらった…その時の話をあちこちオードリーで長谷川さんがしたので、その話の許可をLINEで取った時に話が盛り上がって東京03とスタアの立ち上げに繋がったと!


◆橋本さん自身の話。研究者になるつもりで就活もしないでいたが、お笑い好きなので日本テレビだけ受けたら受かったと!凄まじい強者だ!

◆日テレの新人は最初に笑ってコラえてに配属されることが多い。人見知りを克服するにはロケ番組で素人と絡むことが必須、橋本さんもそこで人見知りを治したと。


◆カベデミー賞映画、やり出したはいいがスタッフ側が地獄な話。空気階段もぐらさんの「万引き裸族」の撮影が大変で、裸でうろついていいスーパーなんかどこにもなく、それをクリアした結果が木更津朝5時ロケw 小宮さんも木更津朝5時集合、6時半クランクアップww

◆有吉さんは適度に距離を持って緊張感を保ってくれる演者。またスタッフはどうしても保守的な企画に走ってしまいがちな中、有吉さん側から新しいことをやろうと提案してくれるのが嬉しいと。

東京03とスタアで勝手に番組ステッカー作ってきた、お笑い好きで佐久間さんファンの女性ディレクター竹内w


◆ゲスト出演が4時代前半で終わったその後、朝5時から壁のロケがある橋本さんww それをずっと黙っていたのが自分にはできないと佐久間さんw


◆日テレの社風なども少し垣間見えて面白かった。