遠まわりは手短に

bagpipe_psのサブブログ。お笑いを中心にテレビ・ラジオで観聴きした番組のメモを載せてます。

ラジオは誰かの帰る場所

オードリーのオールナイトニッポン(4.17)

◆春日さんがプロフェッショナルに出たら、最後の『プロフェッショナルとは』の質問にどう答えるのかが気になる若林さんの持論が面白かった。

若林「俺お前の、体育会TV絶対観ないんだ俺!」

春日「へっへっへ(笑)いやなんでよ」

若林「お前がなんか偉そうに、正しいことを、正しく言ってるじゃんお前が。『フワちゃんが楽しめれば』みたいな、俺ね、ああいう奴嫌いなんだよね!」

春日「いやなんでよ(笑)」

若林「芸人でああいう奴、なんかただ正しいこと言ってただ感動させてんじゃん、見てる人を。くたばれ!って思うんだよ」

春日「なんでだよ!(笑)」

若林「呪いなんだよね、俺にとって。なんかああいう、お笑いやんなよと思う、正しく努力できる奴が。正しく努力できない奴がお笑いだけは頑張れるからって入ってこいやと思う。なんでも頑張れる奴がお笑いやんなや!」ww


◆あと春日さんのフリートーク中に若林さんが思い出した、大磯のTバック男の話が面白かった。



さらば青春の光がTaダ、Baカ、Saワギ(4.17)

◆冒頭から例の騒動について、東ブクロから直接謝罪。あの件について速攻笑いのネタにしたらタダバカもさらばも信頼できねぇなと思ってたんですが、ダメなことはダメだとちゃんとジャッジをして対応されていたので良かった。

森田「こんな、バカみたいなラジオのね冒頭で、こんな話したくないですけども。はい、まあ、ね。はい。まあいつも通りの、Taダ、Baカ、Saワギをみなさん待ってますので。今日も、タダバカを、やらせていただきたいので。はい、あのーこっからは、また、バカなラジオをお届けさせていただきますので!行きますか?じゃあ、参りましょう!『さらば青春の光が Taダ、Baカ、Saワギ』っ!!」


◆ブクロ反省トーンのまま突入した特別企画は、裏番組の『梅田サイファーのオールナイトニッポン0』に対抗し、エロい話でパンツをカウパーでビショビショにしようという『梅田カウパー』ww RNむけ男vsRN駄作が、もらったお題ワードを織り込んだ猥談を披露。駄作さんの即興CITY 汁 CLUBぶりも凄かったが勝利したのはむけ男さんw


◆ああいうことがありながらも、後半はモロに通常運行だったのが良かった!前にもさよならブクロ荘のメモ記事に書いたけど、この番組の魅力は下世話さもそうだけど、リスナーをいかに楽しませるかというその心意気にあると思ってます。なので今後はブクロ嫁決定戦みたいな企画はできなくなるかもしれないけど、代わりにまた楽しい別の企画をやってくれると思うので、ずっと聞き続けようと思います
!!


関係ないしどうでもいいけど、僕はTwitterでもブログでも直接その番組に出てるタレントについては敬称をつけてるんですが、今後は『東ブクロ』と呼び捨てにしますね。ああいうことしでかした人に敬称つけるのも変だなと思ったので。でも変わらず応援はしております。



ゾンビランドガリベンジ 第2話

(第二話 ぶっ壊れかけのレディオ SAGA)

f:id:bagpipe_ps:20210418154642j:plainf:id:bagpipe_ps:20210418154647j:plainようやくOP映像出た!正直曲に関してだけいうと、一期の仇花ネクロマンシーには勝てない…けどこちらももちろん良い曲。


f:id:bagpipe_ps:20210418154653j:plainさて第2話はサキ回。テレビのロケで佐賀の名物タレント『ホワイト竜』と一緒になったフランシュシュ。彼の独特な言動についていけないメンバーだが、生前ホワイト竜のラジオに勇気付けられたサキだけは別。ホワイト竜の言葉一つ一つに感動しまくり、心からホワイト竜を慕っているのが伝わる。かつて一人で孤独な不良だったサキは、彼のこの言葉に救われたと話す。

ホワイト竜「自分の居場所が見つからねえってのは誰だって辛い。だがそんな時こそ目を捨てるな!耳を閉じるな!必ず近くにお前と同じ思いを抱えた仲間がいる。今こうして俺が話しかけた瞬間から、お前はもう一人じゃない。時が経てばお前は俺を忘れるだろう。だが俺は、お前に会えたこと、今日こうして分かり合えたことを決して忘れない。もしもお前が不安や孤独を感じた時は、いつでもこの場所に帰ってこい!」

このうちの一節、一期の『特攻DANCE』に引用されてるのすごいなー。逆算してたのか、それともたまたま使えるじゃん!っつって二期で急に使い出したのか知らないけどw


f:id:bagpipe_ps:20210418155128j:plainそんなホワイト竜がラジオを辞めてしまうことが判明。落ち込むサキを見て、恋愛感情を抱いていたのではと推測する他のメンバー。愛が昔のアイドルの恋愛事情について話しているのを見て、推しの実態が気になるさくらwww


f:id:bagpipe_ps:20210418155133j:plainサキ(とさくら)はラジオ生放送中のホワイト竜の元に駆けつける。飛び入り参加して、ラジオ降板撤回を直談判。

サキ「この番組は絶対に終わっちまったらダメだ!この佐賀には、まだまだくすぶってる連中がいるんす。ていうか、佐賀自体がくすぶってるっす!もしも竜さんがラジオやめちまったら、そいつらの、佐賀のくすぶった心はどうなるんすか!私が今こうしてアイドルやれてんのは、この場所があったからなんす!私みたいにここを必要としてる人間がこの佐賀に、いや、日本中にたくさんおる!だからお願いします!ラジオを続けてください!これからも誰かの帰る場所でいてください!」

なんだか、好きなラジオ番組全体に言える言葉かもしれない。

しかしホワイト竜は熱い魂を継げる奴にこの場所を託したかった…と話し、サキを後継者として番組は続くことに。とんでもねえな!サキも竜も放送局側の意向を汲まんかい!


f:id:bagpipe_ps:20210418155139j:plain去り際、「竜さんが好きっす!」と直接気持ちを伝えるサキ!しかし「お前たちがもう少し大人になって、いい女になったらまた会おうぜ」と言い残してホワイト竜はその場を後にする。


f:id:bagpipe_ps:20210418160826j:plainf:id:bagpipe_ps:20210418160832j:plainサキ「『もう少し大人になって』か…いくら時間が経っても大人には、いい女にはなれんな!あたしらゾンビやし!」

人間ではなくなってしまった自身の恋心が叶わぬものだと知り涙するサキ。切ない…


f:id:bagpipe_ps:20210418160838j:plainそれを凌駕するぐらい泣くさくらでグッと来た!良い奴だなお前…


f:id:bagpipe_ps:20210418160843j:plain泣きすぎて水分なくなって干からびるというオチもありましたww


f:id:bagpipe_ps:20210418160604j:plainそしてホワイト竜の曲もラジオも継いだフランシュシュ!切ない経験もしながら熱い思いを佐賀県民に伝え続けるサキでした、というお話。いや〜〜〜めっちゃ良い回でした。白竜さんがまんま本編に登場するぶっ飛び演出に負けないストーリー、これがゾンビランドサガ!って感じしましたね。


f:id:bagpipe_ps:20210418160611j:plainほんで来週愛ちゃん回じゃん!うれしー!!


ホワイト竜の佐賀がサガであるために(4.11)

◆白竜さん演じる『ホワイト竜』がパーソナリティのラジオ番組。ゾンビランドガリベンジ第2話に登場した同番組を、FM佐賀で実際に放送!しかもアニメ放送前。アニメの挿入歌を先に流すって異例な試みだな。地方局とはいえ地上波だし、来週からは田野アサミさんがパーソナリティになりレギュラーでやるみたいだし、とにかく異例だらけ。スポンサー3社もついてるし、とにかくスタッフの本気を感じます。あとアニメのホワイト竜に合わせて、リスナーの兄貴分的なキャラクターで用意された台本を読む白竜さんだけど、フリートークになった瞬間スタッフと敬語で会話するの笑った。あとエピソードトークが普通に面白い。


◆白竜さんがサウナに入る時は10分→水風呂を5セット、外気浴なし。よくやるわ。


◆以前に佐賀北高校が甲子園決勝に進出した時に興奮したというリスナーからのメールを受けての話。

ホワイト竜「これ僕もね実は、自分有田工業なんですけど、有田工業が一回戦を甲子園で勝ちまして、2回戦、勝ったら行かなきゃいけないなと思ってて。ただ僕イ・ビョンホンの結婚式でソウルにいまして」www

急すぎるビッグネームww


◆上京した時の話で、電車の車掌のアナウンスのことを一瞬『MC』って呼んでたの面白かった。初めて聞いたわその表現。


◆デビュー前の苦労話なんかも。アマチュアとしてライブやったら客は6人だけだった時期もあったと。そんで小室哲哉とも一緒にやってたなんて話も!!ツアー回った時期もあったのか…。


◆いろんな伝説のミュージシャンの名前が出てきて驚くスタッフ。

ホワイト竜「実は今日着てたジャケットは、内田裕也さんの形見なんですよ」

スタッフ「マジっすか?はっはっはっは(笑)」

ホワイト竜「内田裕也さんの香水ってのはイタリアの香水なんですよ。こないだ形見分け行ったら、まだ箱に入ったやつが30本ぐらいあったんですけど、その匂いがねぇ、くっさいんですよ!強いんですよ。だいたい裕也さんが、どっか待ち合わせの時来てるか来てないかは、エレベーターの中の匂い嗅いだら『あっ裕也さん来てる』ってわかるんですよ(笑)ww

クリーニングに出したが匂いはたまに出てくるようで。

ホワイト竜「で俺着てたらだんだん暖かくなってくると裕也さんの匂いがしてくる。で今日裕也さんを連れてここに参りました」

このエピソードどっかでも何回か喋ってるな?wいやーアニメに関連した番組なので適当にチェックしとくか、という気持ちで聞いてたら急なイ・ビョンホンに笑わされました。白竜さんいい人だなというのも伝わってくる。これ含めてゾンビランドサガという作品がまた少し好きになったかも。